« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.22

外断熱工法の家-02

さっきほど、近所の外断熱工法の家見てきたのですが、残念な事に外壁は全て工事が終わっていてどうなっているのか分かりませんでした。
建築中の現場にはダイライト工法の家として足場に広告が張ってありました。sotodannetu-10001

外断熱工法を実際に見たことが無かったので機会を逃して非常に残念です。

人気ブログランキングに参加しています
『カチッ』 と どうぞお願いします
                banner_03
   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.18

外断熱工法の家-01

家の近所に外断熱の家が建築中なのを発見したので、次の日曜日に見てきます。

また、報告します。

人気ブログランキングに参加しています
『カチッ』 と どうぞお願いします
                banner_03
   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.10

断熱材って?04

今回は、内断熱工法についてかんがえてみます。

日本で建てられる家の大部分がこの工法を採用しています。

では、なぜか・・・

理由は、今までそうだったから、若しくは、工事が簡単だから。
造り手側の理屈です。

内断熱工法に関して実際の現場で作業される方が理解できているかが一番の問題でしょう。

断熱材は、外部からの熱を遮断するために有るものです。
ですから、隙間などあっては問題外ですし、確保されるべき厚みが無いのも問題です。

Continue reading "断熱材って?04"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.07

断熱材って?03

前回までは、断熱材の種類やその長所・短所について色々触れてきましたが、
では、その断熱材がどのように使われてきたのか、
また、使われているのか、かんがえてみます。

日本の家は古くから夏を涼しく過ごす事に重点を置いていた為、
断熱という概念はつい最近まで存在していませんでした。

断熱材が普及するのは、1970年代に省エネというお題目の中、アルミサッシと共に普及しました。

しかし、このことが発端となり日本の家は今までに無かった、様々な問題を抱える事になっていくのです。

相変わらず、夏は暑く冬は寒い家
室内空気汚染による人体への影響
壁の中で起こる結露
カビやダニの発生しやすい
まぁ、他にも書けば色々あるでしょうが・・・

では、その様な家とは・・・

まず、家の窓を全て閉めます。
そして、換気扇は全て止めます。
その上で台所から10m以内の外壁に面するコンセントプレートをはずします。
最後は、台所の換気扇を回します。

Continue reading "断熱材って?03"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.03

脱線事故-続編

JRの脱線事故について・・・
このところ、様々な情報がマスコミから流れていますが。

事故の原因については、運転手のスピードの出しすぎと急ブレーキによるものみたいであるが、

私は、事故を起こしたJR西日本の各関係者からのコメントに日々驚いています。

Continue reading "脱線事故-続編"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« April 2005 | Main | June 2005 »